ご案内♪

10月18日の土曜日 「Masumiセミナー」 に参加してきましたよ。



詳しくは コチラを参照 ↓ ↓ (丸投げ&勝手に転載で フチさん・・・ I am sorry なのだ!笑)
       フチゴロウ王国

フチさんの ブログを読んでもらうと Masumiさんのことが よ~~~~く分かるので 読んでネッ!!

私が Masumiさんを学ぶきっかけは 初代・亡愛犬の夢が 獣医さんや特定な人を噛む犬だったことが 始まりでした。
ビーグルMIX・夢は 獣医さんから 「夢君は僕が触れない NO3ですよ、、 あっ!もう2匹は夢君と比べものに
ならないほど噛むけど 夢君は まあ~そこそこだからね笑」・・・なんて 変な慰め?されたりで その当時は
病院に行くのが 本当に辛かったなあ~。。

それから 預かったシーズが噛み付き行動があったにも関わらず 当時の私は どうしていいのか?全く分からず
今思い出しても このシーズとは まともに接することをせず、、申し訳なかったなあ~後悔することばかり。。
ただ 運が良かったのは 病院に貼ったポスターを見て シーズ好きなご家族が 申し出ててくださったこと。
それでも「本当に マジ噛み!しますよ」と話したら 「いいんですよ~ シーズなんて 噛むのが 当たり前だから。」・・・
実際すでに2匹のシーズを飼ってらっしゃるご家族で トライアルで訪問した時、小学生の娘さんが2人いらして
本当に シーズ大好きなんだなあ~と実感し お願いする事になりました。
その後 訪問した際も 幸せな表情しており 上のお姉ちゃんが 水彩画で似顔絵を描いてくれてたり。。
ああ・・・このご家族と出会えて良かった、、と正直ホッとしてました。あのまま 我家に留まっていたら・・・と思うと
「ラッキー」の一言。。 でも でも やはり 噛み付き行動はしていたようで ママさんや娘さんは 私が心配するから?
なのか シーズを取り上げられる?と思ったのか とにかく 私には「内緒」で、知らなかったのです。

2度目の訪問の際 たまたま来ていた 近所に住むお祖母ちゃんから 事実を聞きまして・・・ ショックでしたね~
慌ててママさんが 私に「ごめんね ごめんね 私が悪いんですよ。 手を出したらいけないって分かっていたのに。。」
腕を噛まれてました。。それでも ママさんは そのシーズを可愛がってくれて・・・(その気持ちも充分分かるけど)
でも・・・
なんだろう・・・こんなんで いいのか??って すごーくすごーく凹みました。
けど どうしたらいいのか? どうしてそうなるのか? 全くわからない。聞ける人もいない。
「ラッキー」だと思ったけど これじゃ 全然「ラッキー」じゃないし、、。
本当の「ラッキー」と思えるのは 里親さんもシーズも相思相愛な関係となることなんじゃないの?

その他、、
噛む事だけじゃなく 散歩の引っ張りや吠えかかり 犬同志の相性の悪さ?からの喧嘩 などなど
犬が好きで 犬と暮らしているのに 困る事ばっかり!!

で、そこから2年ほど経過した時 出会ったのが フチゴロウさんで、フチさんのブログ記事で Masumiさんを知り
現在に至ったわけでございます(かなり当時の状況を省略しておりますが・笑)

しかし、、Masumiさんのメルマガを読み セミナーに参加しただけでは それ以上の進歩はない。。
犬を知り とことん学びたいなら 保護犬と接するのが1番!

と、言うわけで ブランの預かりも 「噛む問題」があると分かっていて あえて手を上げさせてもらいました。

ここのブログを読み ブランを応援してくださる方なら よ~~く知っていると思いますが(笑) ブラン・・・本当に
穏やかになったように見えますよね。

そうなんです 家に居る時は ずっーーーと穏やかなままで過ごせます。
でも 「噛み付き」が治ったわけでも 性格が変わったわけでも ありません。
私は ブランに 「噛む必要はない」ことを 教え、ブランが自分で自分の身を守る必要のない 安心できる環境を
与えているだけなんですね。 

前シーズ と ブラン との 私の対応の違い・・・
それは 犬の心理を読み きちんと!犬と向かい合って 冷静に勝負をして (痛みや威圧ではなく)私が勝つことができたかどうかの違いです。
ブランとの決戦は3度ありました。 それまで 何事にも「諦める」ことをしなかった ブランが 3度目にしてやっと
「負け」を認め「諦めた」んですね。 
私とブランの関係は こうして決着を付けたので 私に対しては とても従順犬となってしまいました(笑)
しかし 人が変わり環境が変われば その人が 対ブランと向き合って 勝負を付けなければなりません。
(決して 痛みを与えたり脅かしたりの 勝負ではありませんよ^^;)

もちろん!最初っから 上手くいく筈はありませんからね(笑)・・・一歩進んで^^; 三歩進んで二歩下がる。
そりゃ~ 噛まれることも 絶対!!あります(ひゃあ~~~)。 でも まずは そこが始まりだと思います。
「問題行動」を起こさなければ 勝負もできませんからね。
ブランの里親さんに 必要なのは 以前の私やフチゴロウさん(あえて同志にしちゃう・爆)と同じように
「なんで~~??」という疑問から 「犬を知りたーい!」「ブランで勉強しちゃおう!!」と思える事かな~ 

ブランは このまま譲渡を諦め 家の子にするには 勿体ないくらい いい子なんです。
私以外にも ブランとの絆を深められる人は きっと居るはず、、と 言うわけで~~~~

超~~~長くなり すんません。。。 今週10月26日(日) ともnet譲渡会へ 参加予定です!!
     詳細は コチラ ⇒ ともnet




「色々めんどくちゃい事ばっか 言って申し訳ないのだー。。 それもこれも ボクちんと新ママさんの幸せの
タメなのだー。。 めんどくちゃい チョイ悪(だった、、笑)なボクちんを よろしくなのだー」 byブラン
DCIM0827.jpg
関連記事

テーマ : 里親探し
ジャンル : ペット

コメントの投稿

Secre

Re: No title

こんて

いいこと言うよねえ~(笑)

人間が(ブランのこと)怖いと思うのと同じで ブランも人が怖い(から噛もうとする)んだよね。
なので 「怖がる必要なし!」を教えなきゃならんのだけど それにはやっぱ人が犬の「心理」が分かる必要
があると 強く思います!

いつも応援 ありがとっす☆





No title

分からないことから逃げないで再トライする、っていうこと、
自分から痛い目をみる覚悟でトライするって、言う程簡単なことじゃないよね、
犬だけじゃない、人間もどの段階からも一緒に変わっていけるってことだよね。

ぶらんに幸あれ〜!!

Re: ジーン。。

うさこさん

いつも応援ありがとうございます。
うさこさんみたいな 意欲満々(笑)でしたら きっと大丈夫だと思うなあ~・・・残念!(爆)
でも いつか 犬と暮らせるようになりましたら その時はぜひ 「保護犬」を迎えるという
選択を ぜひぜひ考えてみてくださいね^^
多かれ少なかれ 問題行動を抱えていても 譲渡され里親さんと暮らすうちに 保護犬っつーのは
ビックリするほど イイ子になってしまいますからね~

譲渡会・・実は私が すんごく楽しみにしてまあーす。頑張ってきます!!
ありがとう~

ジーン。。

首を何度もうんうん!とタテに振りながら読ませてもらいました。
すごく心にしみました!

もし動物が飼える環境だったら、ブラン君の飼い主に立候補して、ブラン君が私の家でもいいよと言ってくれたら、、ブラン君との関係に悩んだ時はゆめ子さんに聞いて、、と想像(妄想?)してしまいました f^_^;

譲渡会に参加されるんですね。
ブラン君を生涯大切にしてくれる飼い主さんが現れる事を祈ってます。
プロフィール

ゆめ子

Author:ゆめ子
~~~*~~~~~*~~~~~*~~~

犬4匹 猫1匹 シニア家族です^-^*

保護犬の預かり・里親募集をやったりします。
(現在は お休み中です)


 

最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
カウンター